特集

緑豊かな中国式庭園「福州園」は平成28年5月1日より有料となりました!

「那覇市制施行70周年記念」と中国福州市と那覇市の「友好都市締結10周年」を記念して開園した庭園

那覇市の久米にある緑豊かな中国式庭園

福州園は「那覇市制施行70周年記念」と中国福州市と那覇市の「友好都市締結10周年」を記念して1992年9月に開園した庭園だ。

5kume08

福州園は総面積8,500㎡(園周囲の外壁含む)、「三部空間」「四季風光」「八大景観」及び「二池泉水」「一本の周回路」によって、「福州園」の庭園空間と「福州園八景」の都市遊覧空間が構成される。

福州園は、福州地方独特の伝統的手法を用いた中国式庭園であります。
園内は、明・穏・華の三部空間で構成され、季節を感じさせる樹木や草花で四季の景観も演出しています。また、三山(于山、烏山、屏山)・二塔(白塔、烏塔)・一流(閩江)と謳われた福州の代表的な風景や建築物も取り入れ、建築物については、すべて木造で出入口は、東西南北に設け、各門ともそれぞれ違う様式で、中国の伝統を兼ね備えた構造物とし、塀には漏窓等を設け庭園内部を順次見せて、開放感を出す手法をとっています。

園内には、龍柱・八仙人など石造彫刻等も多く配置しています。
福州園のある那覇市久米は、今から600年ほど前に福建省から移住してきた人たちが住み始めたところでもあり、中国とのゆかりの深い場所となっている。

那覇空港から車で約10分と近いので、空港からの移動の際にふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
ここで福州園を一部紹介します!

入口大門(福州園門)

福州園の門の両サイドの石獅子が出迎えてくれます。

%e5%a4%a7%e9%96%80

 

石獅子

中国の伝統的庭園の入口に魔除けとして置かれています。これはその中でも最も美しいといわれる福州の伝統的な石獅子です。

福州園2

知春亭(ちしゅんてい)

円形の小亭には「すべて円満に」という思いがこめられています。清らかな水と春の花々に囲まれて、盛りから深まり行く春を表現しています。

松竹如醉亭(しょうちくじょすいてい)

漏窓(飾り窓)の囲い塀にぴたりとくっつく半亭(松竹如醉亭)。
ガジュマルの木かげ、白蘭の薫りといった福州の夏景色の特徴を表現しています。

%e2%91%a4%e6%9d%be%e7%ab%b9%e5%a6%82%e9%86%89%e4%ba%ad

 

三友斎(さんゆうさい)

樹木に囲まれた書斎“三友斎”周辺は松・竹・梅などの植物で中国伝統的造園技法を用いて、冬景色の特色を表現しています。

DSC_0007

INFORMATION

施設名 福州園
住所 沖縄県那覇市久米2-29-19
お問い合わせ 098-869-5384 (福州園管理事務所)
営業時間 9時~18時
定休日 水曜日

祝日が水曜の場合は開園し、翌日休園となります。

入園料 【個人】
大人 200円 小人 100円
【団体(20人以上)】
大人 160円 小人 80円
※小学生未満は入場料無料。
※高校生以上は大人料金。
駐車場 福州園向かいの有料駐車場をご利用下さい。

 

 

 

 


 

アンケートのお願い

当サイトでは、今後より充実した観光情報を提供するためにアンケートを実施しています。

みなさまより頂いたアンケートは、今後の当サイトの充実のために活かしてまいりたいと思いますので、ご意見ご感想をお聞かせください。

アンケートはこちら

※頂いた回答は、アンケートの目的以外には一切使用いたしません。