特集

金城町の石畳を散策

琉球王国時代の歴史を感じる石畳でのんびり散策

金城町の石畳とは

金城町の石畳は、16世紀に首里城から那覇港や沖縄本島南部へ通じる主要道路として整備されました。現在では戦火をまぬがれた約300mの石畳が残るのみですが、周辺には赤瓦屋根の民家が立ち並び琉球王国時代の歴史を感じることができます。

AdobeStock_90221813

NHKドラマ「ちゅらさん」の撮影地にもなり、沿道の民家が古波蔵家の自宅外観として使われました。
村屋では休憩もできるので、のんびり散策してみてはどうでしょうか?

AdobeStock_95382223 AdobeStock_84369285 AdobeStock_45301612