てんちう光や黄金のとうる 誠ある心照しみせる

第4回奥武山大琉球神楽天燈籠

2020/02/15 - 2020/02/15
終了

詳細情報

「古事記」及び「日本書紀」の中に、神様(アマテラス)が岩の奥に隠れてしまった時、外に連れ出すために天の岩屋戸の前でもう一人の神様(アメノウズメノミコト)が踊りをみせたといわれる神話があり、それが神楽の起源だと一般に言われています。
つまり、神や祖先を祭る祭祀の中で、五穀豊穣•無病息災を祈る儀式として古くから行われてきました。
日本各地に様々な神話が残っているのと同様に沖縄にも古くからの神話があり、奥武山はその神話に登場する霊験あらたかな神地のひとつとされています。
それらの神話をもとに、我々が独自に創作・演出したこの舞台は、毎年選ばれた平和の使者(メインゲスト)を中心に、沖縄県内外の芸能で構成されたエンターテイメント神楽です。世界平和の祈りと神話に込められた、人々が忘れてはならない大切な教えを、奥武山から発信してまいります。

住所 〒 900-0026
沖縄県那覇市奥武山町52
開催時間 開場:15:30、開演:16:00
会場名 沖縄県立武道館・アリーナ棟
料金 3,000円~
イベントURL http://ryukyu-kagura.com/
お問い合わせ先 奥武山大琉球神楽実行委員会 TEL 070-5279-3436、070-5484-9952

アクセス情報

アンケートのお願い

当サイトでは、今後より充実した観光情報を提供するためにアンケートを実施しています。みなさまより頂いたアンケートは、今後の当サイトの充実のために活かしてまいりたいと思いますので、ご意見ご感想をお聞かせください。

※頂いた回答は、アンケートの目的以外には一切使用いたしません。

PR