ぶらりゆいレールの旅(1)

那覇空港駅~牧志駅編

沖縄唯一の鉄道、ゆいレール。観光の移動にも便利ですが、のんびり揺られて車窓やホームからの眺め、各駅の特徴を楽しむ鉄道の旅もおすすめです。駅舎に飾られている沖縄をイメージしたガラスやタイルのアート、沖縄民謡をアレンジした発車メロディは各駅ごとに異なります。また、ゆいレールグッズの販売店やコーヒーショップ、ATMを設置している駅もあるので何かと便利。気になる駅では下車し、他のモデルコースと組み合わせてお楽しみください。ゆいレール観光はお得な1日券(大人800円、子供400円)や2日券(大人1400円、子供700円)をご利用ください。

START : 最寄りのバス停、駅をご確認ください

  • 前半は遠方に東シナ海や国立公園の慶良間諸島を眺めながら、ラムサール条約登録湿地の「漫湖」を経て、久茂地川沿いを並行して走る那覇空港駅~牧志駅間。那覇の中心地、久茂地周辺ではビルの間の走行し、都会的な街並みも楽しめます。観光名所の国際通りや福州園、牧志公設市場、焼物の里壷屋などへのアクセスルートです。

  • 那覇空港駅(なはくうこうえき)

    本土と沖縄を結ぶ、日本最西端の駅

    沖縄の空の玄関口となる、ゆいレールの出発駅。コンコース改札外正面には沖縄の版画家であり絵本作家、儀間比呂志の「万国津梁の民」がステンドグラスアートで描かれています。海外との交易、平和の懸け橋として生きる喜びが力強く表現されたアートをぜひご覧ください。

  • 乗車約4分
    ビューポイント:進行方向右側から空港越しの海を一望したあと、ゆいレールの車庫上空、入庫している様々なラッピング車両を眼下に走ります。飛行機やゆいレールなど、大きな乗り物を上から見られるポイントです。

  • 赤嶺駅(あかみねえき)

    日本最南端の駅、本島南部へもスムーズ

    駅前の交通広場は、糸満市や豊見城市など南部エリアの入口として、路線バスやタクシー、瀬長島ウミカジテラスへの乗り継ぎが整備されています。また、駅構内には日本最南端駅の到着を記念する顔出しパネル、交通広場には記念モニュメントが設置され、フォトスポットとなっています。

  • 乗車約1分

  • 小禄駅(おろくえき)

    便利なイオン那覇ショッピングセンター前

    大型商業施設イオン那覇と結し、駅からの連絡通路はイオン那覇2階フロアとつなっがています。日用品やお土産、グルメなど多数の店舗があるので、那覇到着後、沖縄旅行に必要なアイテムをここで揃えるのもおすすめです。

  • 乗車約2分
    ビューポイント:進行方向左側に、沖縄セルラースタジアム那覇や奥武山球場が見えます。

  • 奥武山公園駅(おうのやまこうえんえき)

    スポーツやお祭りなどイベントの開催地

    駅周辺には緑豊かな奥武山公園やセルラースタジアム那覇があります。広大な敷地の公園ではお祭りやイベントが開催され、スタジアムはプロ野球ナイター公式戦が可能な沖縄唯一の球場となっています。駅構内からもスタジアムが賑わう様子がうかがえます。

  • 乗車約2分
    ビューポイント:進行方向左側、沖縄セルラースタジアムを過ぎると、国場川とその向こうに広がる奥武山公園の緑地が見える、開放的な眺めです。

  • 壺川駅(つぼがわえき)

    国場川が一望できる開放的な駅

    奥武山公園の東側へは壺川駅からのアクセスが便利。駅と公園を結ぶ北明治橋は歩行者専用でゆったりとしています。川の上を歩く気持ちの好い散歩道としてもおすすめです。

  • 乗車約2分
    ビューポイント:国場川沿いから右カーブすると、だんだんと都会的な風景に変わります。

  • 旭橋駅(あさひばしえき)

    那覇バスターミナルや商業施設に直結!

    旭橋駅から歩行者デッキでつながるカフーナ旭橋A棟は、駅直結型の複合施設。沖縄県観光情報センターや那覇バスターミナル、ファッションビル那覇OPAなどがあり、那覇から北部へ向かうバスの中継地点、観光情報発信の場として活躍する駅です。駅構内にはゆいレールの顔出しパネルやテーブルセットが設置され、休憩できるスポットとなっています。

  • 乗車約2分
    ビューポイント:都市部へ入り、ビルの間を走行します。

  • 県庁前駅(けんちょうまええき)

    オフィスやデパートで賑わう中心地

    県庁や那覇市役所、民間企業の本社機能が集まる那覇市の中心地。また、県内唯一のデパートや国際通りの南側入口などショッピン施設も充実しており、多くの人が行き交う街です。

  • 乗車約1分

  • 美栄橋駅(みえばしえき)

    観光アクセスに便利な久茂地川沿いの駅

    南側には国際通りや公設市場、東側には飲食店の多い繁華街、北側には海の玄関口とまりんがあり、全て徒歩圏内で行ける観光の中心地。
    買い物や夜遊び、離島への移動と何かと便利な駅です。

  • 乗車約2分

  • 牧志駅(まきしえき)

    国際通り入口、深夜まで賑わう観光の街

    国際通りの東の入り口。市場本通りややちむん通りにもほど近く、観光の拠点ともいえる駅です。駅前の広場には巨大シーサーや伝統行事で使用する爬龍船のモニュメントなどのフォトスポットもたくさん。駅から徒歩5分のてんぷす那覇には、那覇市観光案内所もあるので、ぜひお立ち寄りください。

END
※掲載の内容は2020年2月時点の情報です。旅行の前にはご自身で最新情報をご確認ください。

コースマップ

  1. 那覇空港駅
  2. 赤嶺駅
  3. 小禄駅
  4. 奥武山公園駅
  5. 壺川駅
  6. 旭橋駅
  7. 県庁前駅
  8. 美栄橋駅
  9. 牧志駅

アンケートのお願い

当サイトでは、今後より充実した観光情報を提供するためにアンケートを実施しています。
皆さまよりいただいアンケートは、今後の当サイトの充実のために活かしてまいりたいと
思いますので、ご意見ご感想をお聞かせください。

※回答いただきましたアンケートは、目的以外に一切使用いたしません。

PR