~移動楽々、見どころ満載なモノレール沿線~

モノレールでぐるっと那覇めぐり  

那覇市には那覇空港と那覇港という二つの玄関口があります。世界遺産の首里城やメインストリートである国際通りをはじめ、琉球王朝時代から脈々と受け継がれてきた文化や歴史名所、そして豊かな都市自然のある魅力あふれる街です。都市モノレール「ゆいレール」が那覇空港駅を基点に首里駅まで続き、2019年には浦添市まで延長しました。

沖縄都市モノレール「ゆいレール」

「提供:沖縄都市モノレール株式会社」

ゆいレールは全区間で19駅あり、運賃は230円~370円程度(子供料金半額)です。乗り降りし放題のフリー乗車券(例:大人1日800円)を使えば、那覇市や浦添市にある観光施設の入館料が割引になって更にお得です。運行本数も多いので、渋滞を気にすることなく、気軽に観光や街散策を楽しむことができます。また、車窓からは違う那覇の表情を見ることができます。

~さあ、那覇市の中心地「牧志駅」から出発進行!~

牧志駅 牧志公園 壺屋やちむん通り

国際通りの東に位置する牧志駅は、すぐ近くに緑豊かな牧志公園があり、1月末頃には桜の花を見ることができます。駅から徒歩5分ほど進むと、平和通りをはじめとするアーケード商店街があり、その先へさらに進むと壺屋やちむん通りが見えてきます。のどかな石畳の道を歩くと、沖縄伝統工芸の1つ、壺屋焼の歴史に触れることができます。また、同時に買い物も楽しむことができます。
今回はその牧志駅を起点として、コースを東西に分け、沿線の見どころを紹介します。

【東コース】下車駅:おもろまち駅➡市立病院前駅➡首里駅➡浦添前田駅

①【おもろまち駅】はTギャラリア沖縄 by DFSと直結しており、徒歩5分には大型ショッピングセンター那覇メインプレイスがあります。また、県内最大の文化施設で、沖縄の自然・歴史・文化・芸術を楽しむことができる沖縄県立博物館・美術館も見逃せません。

 

②【市立病院前駅】を下車して徒歩2分、那覇市内で最も大きな“都会のオアシス”「末吉公園」があります。広大な敷地に植物や野鳥をはじめとする多くの生き物が共存しており、亜熱帯植物に囲まれた自然豊かな公園は、森林浴に最適です。北側の森の中には、琉球八社の一つである末吉宮の史跡があります。

 

③【首里駅】から下車すると、琉球王朝時代の城下町があり、徒歩15分で世界遺産の首里城跡玉陵に行くことができます。もし時間に余裕があるのでしたら、金城町石畳道もお勧めです。首里城から那覇港までをつなぐ「真珠道」とよばれる街道の跡で、16世紀に完成しました。この付近は今でも石畳の道が残っており、昔ながらの首里の風景を見ることができます。首里金城町周辺は歴史情緒あふれるスポットが数多くあります。詳しくは本HPの「首里を歩く」をご覧ください。

 

④【浦添前田駅】は那覇市の隣接市、浦添市に位置しています。下車後、徒歩約10分で浦添グスク・ようどれ館に行くことができます。浦添グスクは首里城よりも古い歴史をもち、三山時代より前の時代に築城が始まったといわれ、琉球王国の基礎を築いたとされております。現在では沖縄戦中の前田高地の戦いを描いたハリウッド映画「ハクソー・リッジ」原作の舞台にもなったことで有名です。(「うらそえナビ」より抜粋)
更に歩いて5分のところに浦添美術館があります。八角形のドーム屋根と高い塔の建物外観が特徴的な沖縄漆器専門の美術館です。漆芸品を中心に、絵画や焼物、染織、金工など延べ2000件の美術品を収蔵しています。

ⒸOCVB
県立博物館 末吉公園 金城町石畳道 浦添グスク

 

【西コース】下車駅:県庁前駅➡旭橋駅➡奥武山公園➡小禄駅

①【県庁前駅】は県内唯一のデパートであるパレット久茂地Ryuboと直結し、沖縄や日本の優れものを取り扱ったセレクトショップ「楽園百貨店」、ビーガンにも対応している「楽園café」、日本各地のスイーツ、デパ地下グルメなど、気になるもの盛りだくさんです。また、館内には那覇市歴史博物館、市民ギャラリーなどもあり、気軽に歴史文化やアートに触れることができます。駅周辺には名建築家が設計した沖縄県庁や那覇市役所の建物が立ち並び、すぐそばに国際通りがあります。

 

②【旭橋駅】は沖縄県最大のバスターミナル「那覇バスターミナル」と連結しており、那覇市内を回る市内バスと本島各地を出発する市外バスが運行しています。
また、隣接する商業施設「那覇OPA」には沖縄最大の県立図書館や観光情報センターが入っています。そして駅から徒歩5分ほど歩くと、創業60年の老舗「ジャッキーステーキハウス」があります。昔ながらの雰囲気のなか、美味しいステーキを味わうのもおすすめです。

 

③【奥武山公園駅】は奥武山公園と直結しており、那覇市の中心部に位置する緑豊かな運動公園です。施設も充実しており、沖縄セルラースタジアムや武道館、テニスコート、グラウンド、プールの他、子どもに大人気なアスレチック遊具や滑り台などもあり、週末には家族連れで賑わっています。また敷地内には沖宮や護国神社などもあります。
駅から徒歩約20分には、ラムサール条約登録湿地の漫湖公園水鳥湿地センターがあります。飛来する野鳥をはじめ、干潟やマングローブに生息する生物を自然観察することができます。

 

④【小禄駅】は「イオン那覇ショッピングセンター」と直結しています。那覇空港に一番近いショッピングセンターで、飲食店や沖縄の特産品も数多く取り揃えているため、地元客のみならず、観光客にも人気のスポットです。もし時間に余裕があるのでしたら、那覇市から一番近い離島、瀬長島まで足を延ばすのもおすすめです。(タクシー約10分)

ⒸOCVB
パレット久茂地 歴博 バスターミナル 奥武山公園

 

いかがでしたでしょうか? モノレールに乗れば、那覇市街地のさまざまな表情が見ることができ、気になった所で降りてみれば、あなたの知らない街の新しい魅力も発見できるかもしれません。皆さんは、次はどの駅で降りますか?

【耳より情報】

国際通りてんぶす館の1Fにある那覇市観光案内所にはバスモノパスが購入できます。観光案内所に隣接する「ショップなは」では、ここしか買えないゆいレールモチーフのパッケージの「ゆいレールちんすこう」が販売されています。

バスモノパス モノレールちんすこう

市民が選ぶ那覇市スポット

那覇市民と在住者に那覇市内のおすすめスポットを教えていただきました。

アンケートのお願い

当サイトでは、今後より充実した観光情報を提供するためにアンケートを実施しています。
皆さまよりいただいアンケートは、今後の当サイトの充実のために活かしてまいりたいと
思いますので、ご意見ご感想をお聞かせください。

※回答いただきましたアンケートは、目的以外に一切使用いたしません。