豊かな自然に恵まれた、市民の憩いの場

末吉公園

那覇市内で最大級の広さを誇る公園。緑いっぱいの敷地には、ヤシの木やハイビスカスなど南国特有の植物が生い茂り、鳥の声や川のせせらぎを聞きながら森林浴が楽しめます。遊歩道に沿って森の中を散策する人や、お弁当を持ってピクニックする人など地元の人にとって身近な場所です。小さな子どもが楽しめる遊具や広場もあります。

日本一早咲きの桜(ヒカンザクラ)の標準木があることでも知られ、1月の中旬から下旬頃に開花の時期を迎えます。7月頃には、一夜だけ咲き、朝方に散ることから幻の花ともいわれるサガリバナが咲き始めます。珍しい木々や花々だけでなく、春から夏にかけてはホタルを見ることもできます。

敷地内には、琉球王府から厚く保護された琉球八社のひとつ「末吉宮」もあります。社務所が開いているのは正月三が日のみですが、年間を通して多くの参拝者が訪れています。那覇の活気あふれる街並みが一望できる穴場スポットです。

末吉公園

名称 末吉公園(すえよしこうえん)
住所 〒903-0801 沖縄県那覇市首里末吉町1-3-1
アクセス ・那覇空港より車で約25分
・那覇空港より、ゆいレールで約24分、市立病院前駅にて下車し、徒歩で約5分
駐車場 あり(駐車場利用時間:平日は9時~22時、土・日曜・祝日は7時~22時)
問い合わせ先 098-951-3239(那覇市都市みらい部公園管理課)

アクセス情報

アンケートのお願い

当サイトでは、今後より充実した観光情報を提供するためにアンケートを実施しています。みなさまより頂いたアンケートは、今後の当サイトの充実のために活かしてまいりたいと思いますので、ご意見ご感想をお聞かせください。

※頂いた回答は、アンケートの目的以外には一切使用いたしません。

PR