琉球王朝時代に思いを馳せる首里散策(2)

風情ある城下町を歩く

首里には時の流れが止まったかのように、静かに昔の姿を残す場所がいくつもあります。古都首里の古道を歩きながら、歴史や自然をお楽しみください。石畳の道を下った後はさらに足を延ばして琉球王朝自慢の別邸へ。美しい景観の庭園でのんびり過ごしてください。

START : 最寄りのバス停、駅をご確認ください

  • 路線バス「1」「7」「8」「14」「17」「346」利用→首里城公園入口下車

  • 徒歩6分(450m)

  • 真珠道跡( まだまみちあと)

    真珠のように美しいとされた坂道

    1465~1527年に首里王府が敷設した国道。首里から那覇港まで約8kmに及んで石畳が敷かれていました。現在の石畳道は昭和58年頃に琉球石灰岩の平石を敷きつめて整備され、白く温かみのある古き良き沖縄の道となっています。

  • 徒歩4分(240m)

  • 新垣養蜂園(あらかきようほうえん)

    首里の花の蜜を集めた首里王朝蜂蜜

    先祖代々の土地で沖縄初の養蜂をはじめた新垣養蜂園。「首里ミツバチ・花いっぱいプロジェクト」がプロデュースする首里王朝蜂蜜や沖縄県産のはちみつやプロポリス、ローヤルゼリーなどこだわりの首里の味をぜひお土産にどうぞ。

  • 徒歩2分(120m)

  • 首里金城町石畳道(しゅりきんじょうちょういしだたみみち)

    日本の道100選のひとつ、石畳の坂道

    真珠道の一部で、戦火をまぬがれ現存している約300mの古道。道の両側には石垣に囲まれた赤瓦屋根の民家が並び、琉球王朝時代の街の姿がそのまま残っています。沖縄県の名勝・史跡にも指定されている貴重な空間。石畳みは滑りやすいのでスニーカーがおすすめ、雨の日は特に注意してください。

  • 徒歩1分(100m)

  • 首里金城町の大アカギ(しゅりきんじょうちょうのおおあかぎ)

    奇跡の大木が自生するパワースポット

    国の天然記念物に指定されている、推定樹齢約300年のアカギの大木が6本自生する場所。首里には多くのアカギの大木が自生していましたが、ほとんどが戦争で焼失。ここの大アカギは奇跡的に戦火をまぬがれた、神聖なパワーに包まれている場所です。

  • 徒歩1分(11m)

  • 内金城嶽(うちかなぐすくたき)

    大アカギを神木として崇拝する御嶽

    大アカギのすぐ横にある、御嶽といわれる拝所。沖縄には木や石などの自然を神として崇拝する風習がありますが、その中でも格式の高い御嶽です。この御嶽の起源は古く、12世紀以前にまでさかのぼると言われています。大アカギとともにパワー溢れるスポットです。

  • 徒歩16分(970m)

  • バス停繁多川→「14新川営業所(起点)」1駅・約1分乗車→識名園前下車

  • 徒歩4分(350m)

  • 識名園(しきなえん)

    琉球王朝最大の別邸、世界遺産の庭園

    1799年ごろに中国、日本、琉球のスタイルを取り入れて造られた廻遊式庭園。王家の保養や中国からの使者の接待などに利用された別邸です。庭園は「心」の字をくずした形の池を中心に、南国特有の豊かな自然が楽しめます。

  • 移動距離2.8㎞
    所要時間150分

END
※掲載の内容は2020年2月時点の情報です。旅行の前にはご自身で最新情報をご確認ください。

コースマップ

  1. 真珠道跡
  2. 新垣養蜂園
  3. 首里金城町石畳道
  4. 首里金城町の大アカギ
  5. 内金城嶽
  6. 識名園

アンケートのお願い

当サイトでは、今後より充実した観光情報を提供するためにアンケートを実施しています。みなさまより頂いたアンケートは、今後の当サイトの充実のために活かしてまいりたいと思いますので、ご意見ご感想をお聞かせください。

※頂いた回答は、アンケートの目的以外には一切使用いたしません。

PR