パワースポットといわれる琉球八社の神社を巡ろう(1)

八社のうち那覇の六社を制覇!

琉球王国において王府より「琉球八社(官社)の制」として特別の扱いを受けた、波上宮・沖宮・識名宮・末吉宮・安里八幡宮・天久宮・普天満宮・金武宮の8つの神社を琉球八社といいます。安里八幡宮だけは八幡神を祀っていますが、それ以外の七社は熊野権現が祀られており、国王やその一族が琉球王国の無事安泰を祈願する神聖な場所とされていました。宮司のいない小さな神社もありますが、今でも祈りを捧げる拝所として大切に保存されています。神聖なパワーをいただきながら、沖縄特有の神社の雰囲気をお楽しみください。

START : 最寄りのバス停、駅をご確認ください

  • 路線バス「5」「14」利用→繁多川下車

  • 徒歩1分(140m)

  • 識名宮(しきなぐう)

    王家長男の病気が回復したとされる神社

    琉球王から特別に篤い信仰を承けた識名宮。1500年代の国王が長男の病気平癒を祈願したところ、病気が癒やされたことから病気回復の神として有名に。1644年からは1月、5月、9月の吉日に国王による参拝が始まりました。敷地内には釈迦の弟子の1人である賓頭盧(びんずる)が祀られている洞窟もあり、毎月1日と15日には洞窟の扉が開門されます。

  • 徒歩2分(140m

  • バス停・繁多川(大道向け)→「5番新川営業所(起点)」9駅・約12分乗車→メディカルプラザ大道中央下車

  • 徒歩6分(450m)

  • 安里八幡宮(あさとはちまんぐう)

    都会に残る風情ある小さな神社

    1466年に喜界島遠征の必勝を祈願し、さらにその成功を感謝するためのお宮として創建され、人々の信仰を集めてきました。他の琉球八社は熊野権現を祭神として祀っていますが、安里八幡宮のみ八幡神が祀られています。戦火で焼失しましたが1993年に復元。鳥居越しにビルが見え、現代的な風景が楽しめます。

  • 徒歩7分(550m)

  • バス停・メディカルプラザ大道中央(首里向け)→「13番石嶺営業所(終点)」7駅・約12分乗車→平良下車

  • 徒歩10分(850m)

  • 末吉宮(すえよしぐう)

    公園内の小高い森の上にある神社

    1456年頃に熊野三所権現を祀ったと伝えられる山の上の神社。石造階段全体と本殿は1930年に旧国宝に指定されましたが、本殿は戦火で崩壊。1972年に復元された現在の本殿は「末吉宮跡」として国の史跡となっています。豊かな自然に囲まれており30分程山道を歩き石段を上るので、歩きやすい靴と服装を心掛けてください。また、街灯もないので必ず明るいうちに参拝してください

  • 徒歩16分(1.2km)

  • ゆいレール儀保駅→「那覇空港行」10駅・約18分乗車→奥武山公園駅下車

  • 徒歩4分(350m)

  • 沖宮(おきのぐう)

    奥武山公園内にある白い鳥居の神社

    1451年に創建したとされている沖宮。奥武山公園には他にも神社がありますが、沖宮は白い鳥居が目印です。創建当時は航海安全の神として現在の那覇港に鎮座し、王をはじめ多くの国民が中国や薩摩方面への航海前に、航海安全と商売繁盛を祈願しました。戦後に現在の地へ遷座した後は、金運上昇のパワースポットとしても有名です。

  • 徒歩5分(350m)

  • バス停・奥武山公園駅前(南部農林高校向け)→「11番石嶺営業所(終点)」12駅・約20分乗車→上之屋下車

  • 徒歩7分(650m)

  • 天久宮(あめくぐう)

    古民家のような拝殿、親しみ深い神社

    創建は1465年頃、国家安全や万民豊楽のため弁財天伝説がある洞窟の前に社殿を建立して祀ったといわれています。戦火で焼失しましたが1972年に再建されました。駐車場の鳥居横の階段を下りて拝殿へ。拝殿の右側にある階段を上るとそこも石碑のある拝所となっており、さらに拝殿のほぼ真下へ下りると泊ユイヤギという御嶽があります。独特の地形に社殿と御嶽が点在している神社です。

  • 徒歩9分(650m)

  • バス停・泊高橋(那覇バスターミナル・旭橋向け)→「3番新川営業所(起点)」6駅・約10分乗車→西武門下車

  • 徒歩3分(280m)

  • 波上宮(なみのうえぐう)

    琉球八社で最高位とされる神社

    創建の年代は不詳ですが、室町時代前期に創建されたのではないかと推測されています。神社本庁の別表神社に指定され、全国一の宮会より琉球国新一の宮に認定されるなど、沖縄総鎮守として信仰されている。その名の通り崖の上に鎮座し、朱色の本殿が青い空と海に映える絶景のパワースポットです。

  • 所需時間320分鐘

END
※掲載の内容は2020年2月時点の情報です。旅行の前にはご自身で最新情報をご確認ください。

コースマップ

  1. 識名宮
  2. 安里八幡宮
  3. 末吉宮
  4. 沖宮
  5. 天久宮
  6. 波上宮

アンケートのお願い

当サイトでは、今後より充実した観光情報を提供するためにアンケートを実施しています。みなさまより頂いたアンケートは、今後の当サイトの充実のために活かしてまいりたいと思いますので、ご意見ご感想をお聞かせください。

※頂いた回答は、アンケートの目的以外には一切使用いたしません。

PR