沖縄の伝統文化を体験しよう!(1)

継承される王朝文化を堪能

首里城のお膝元、首里の城下町に残る伝統文化をゆっくり堪能してみませんか?紅型の工房見学や作品づくり、泡盛の試飲や酒造見学、金細工見学など、王朝時代の歴史を受け継ぐ雅な文化体験を集めました。

START : 最寄りのバス停、駅をご確認ください

  • 路線バス「1」「9」「13」「14」「17」「25」「97」「125」「346」利用→山川下車

  • 徒歩4分(290m)

  • 首里琉染(しゅりりゅうせん)

    紅型とサンゴ染めの染色体験工房

    紅型の復興と染色技術の発展・伝承を目的として創られた、沖縄で初めての草木染紅型研究所。1階は反物や小物など琉染オリジナル商品の展示販売、2階は体験工房、3階は職人工房となっており、職人の染色作業の見学も可能です。

  • 徒歩約16分(1.2km)

  • 瑞泉酒造(ずいせんしゅぞう)

    城下町で伝統の味を守り続ける泡盛酒造所

    琉球王朝時代は品質保持のため、首里の一部地域でしか醸造が許可されていなかった泡盛。瑞泉酒造はその流れを受け継ぐ酒造所です。店頭には古酒や新酒が多数並び、試飲しながら好みの泡盛が選べます。また、酒造所の見学も可能なので事前に確認してください。

  • 徒歩1分(83m)

  • 金細工またよし(くがにぜーくまたよし)

    王朝時代の装飾品を作り続ける金細工

    500年以上の歴史を持つ金細工(くがにぜーく)の店舗兼工房。王朝時代の貴婦人が身に付けていた銀素材のジーファー(かんざし)、願いや想いが込められた結び指輪や房指輪の伝統的な形を復元し、現代のアクセサリーとして継承しています。

  • 徒歩2分(150m)

  • カタチキ(紅型)(かたちき)

    感性豊かな姉妹が営む紅型工房

    姉妹が感じた沖縄の日常風景をカタチにしている工房。伝統技法を守りながら、現代に合う新しいものをコンセプトに幅広く制作しています。バッグやストール、ブックカバーなど紅型を身近に楽しめるアイテムが豊富です。

  • 移動距離1.7㎞
    所要時間120分

END
※掲載の内容は2020年2月時点の情報です。旅行の前にはご自身で最新情報をご確認ください。

コースマップ

  1. 首里琉染
  2. 瑞泉酒造
  3. 金細工またよし
  4. カタチキ(紅型)

アンケートのお願い

当サイトでは、今後より充実した観光情報を提供するためにアンケートを実施しています。みなさまより頂いたアンケートは、今後の当サイトの充実のために活かしてまいりたいと思いますので、ご意見ご感想をお聞かせください。

※頂いた回答は、アンケートの目的以外には一切使用いたしません。

PR