豊かなと自然と聖地が残る那覇の公園散策(1)

都会のオアシスでパワーチャージ!

那覇市南西部に流れる国場川沿いにある奥武山公園と漫湖公園は、那覇の中心地であることを忘れさせてくれる自然豊かな公園です。奥武山公園は琉球八社のひとつ沖宮をはじめ、いくつもの神社や拝所などが点在するパワースポットエリア。漫湖公園は干潮時に大規模な干潟が出現する、貴重な生態系が残る湿地帯。国際的に重要な湿地としてラムサール条約に登録されてます。緑豊かな公園を歩きながら、聖地巡りと自然観察が楽しめます。

START : ゆいレール奥武山公園駅

  • 徒歩5分(350m)

  • 沖宮(おきのぐう)

    多くの神々を祀る霊験あらたかな神社

    1451年に創建したとされている沖宮。創建当時は航海安全の神として現在の那覇港に鎮座し、王をはじめ多くの国民が中国や薩摩方面への航海前に、航海安全と商売繁盛を祈願しました。現在の沖宮が鎮座する境内には本殿のほかにお社や御嶽など7カ所の参拝スポットがあり、それぞれの御祭神からご利益やパワーがいただけます。

  • 徒歩18分(1.4km)

  • 漫湖水鳥・湿地センター(まんこみずとり・しっちせんたー)

    ラムサール条約湿地で水鳥ウォッチング

    奥武山公園、漫湖公園を散策しながら漫湖水鳥・湿地センターへ。水鳥の生息地として国際的に重要な湿地として登録された、漫湖の動植物について知ることができる施設です。観察展望室からは望遠鏡で水鳥の観察ができ、テラスから続く木道からはカニ類やハゼ類の観察ができます。秋冬の渡りシーズンは、間近で水鳥が観察できるポイントとして人気です。

  • 徒歩9分(700m)

  • とよみ大橋(とよみおおはし)

    橋の上から原生マングローブ林を一望

    漫湖の湿地帯をまたいで豊見城市と那覇市を結ぶ、全長300mの美しい斜張橋。橋の上からはマングローブ林や干潟の生物、水鳥を間近に見ることができます。都会の真ん中に広がるマングローブ林は、ヤンバルや離島で見るマングローブ林の景色とは全く違う、街と自然が共存する那覇ならではの絶景です。

  • 移動距離3.0㎞
    所要時間120分

END
※掲載の内容は2020年2月時点の情報です。旅行の前にはご自身で最新情報をご確認ください。

コースマップ

  1. 沖宮
  2. 漫湖水鳥・湿地センター
  3. とよみ大橋

アンケートのお願い

当サイトでは、今後より充実した観光情報を提供するためにアンケートを実施しています。みなさまより頂いたアンケートは、今後の当サイトの充実のために活かしてまいりたいと思いますので、ご意見ご感想をお聞かせください。

※頂いた回答は、アンケートの目的以外には一切使用いたしません。

PR